MX.3 for banks

投資銀行システムのためのMX.3

ITトランスフォーメーションを単一のプラットフォームで加速

ITトランスフォーメーションを単一のプラットフォームで加速

銀行は、既にかなりの程度、新たな規制の影響を分析しており、それに応じて事業戦略を再定義しています。これらの銀行が現在直面しているのは、新たなターゲットモデルの導入をいかに素早く実施するかという問題です。世界中の銀行が、MX.3を活用してそうしたトランスフォーメーションと複雑な規制へのコンプライアンスを加速しています。

銀行は、トレーディング、リスク管理および処理におけるMX.3のベストオブブリードの各種機能を使用するために、MX.3を配備しています。多くの銀行は、MX.3の機能を活用して、全ての業務機能を横断する統合化されたクロスアセットバリューチェーンを導入しています。MX.3を導入したお客様は、その独自の商品構成、機能の網羅性および予め組み込まれた柔軟性を活用して、効率性の向上とオペレーションコストの削減を達成しつつ、新たな機会の活用、グローバル事業の拡大、または各国市場における事業基盤の構築を進めることができます。

機会をとらえて事業を拡大

銀行は、MX.3を用いて、正確性、競争力、リスクおよびレジリエンスの面で妥協することなく、新たに生まれるトレーディング機会を活用し、グローバル事業を拡大し、各国市場における事業基盤を構築することができます。

グローバル銀行上位100行のうち65行がMurexを導入

MX.3は、銀行の全ての部門で、あらゆる資産と分野に関し、信頼できる唯一の情報源として機能し、リアルタイムに更新されます。MX.3は、統合化プラットフォームとして、部門間の壁を取り除きます。MX.3を活用して作業する各チームが使用する各種データおよび算定された数値は、プラットフォームの構造上、当然にその一貫性が確保されます。したがって、トランスファーとその後の非効率的な照合作業は不要になります。セールス、トレーダー、クオンツ、トレジャラー、バックオフィス担当者、経理担当者、コントローラー、リスクマネージャーとIT部門は、MX.3上で協力して、お客様に効率的にサービスを提供します。

単一のプラットフォームでITトランスフォーメーションの加速を体験

MX.3を採用する銀行は、FRTB、SA-CCR および証拠金規則をはじめとする規制および市場の変化に対する準備態勢を最大限に強化することができます。MX.3プラットフォームは、IBOR 改革、IFRS、ASC 815/ASU 201712、SWIFT のISO20022への移行、EMIR、ドッド・フランク法、SFTRといった各種規則の管理を支援します。

毎日60,000名以上のユーザーが、MX.3プラットフォームに依拠して、キャピタルマーケット業務を遂行し、抑制されたコストで進化のタイムツーマーケットを短縮しています。

Rabobankの最高デジタル責任者がMX.3とのトランスフォーメーションの歩み旅についてコメント

最高デジタル責任者のAnton Rutten氏は、MurexのMX.3が同行の目指したトランスフォーメーションにどのように貢献したかを説明しています。Rutten氏は、MX.3の戦略的体制、MX.3を選択することのメリット、柔軟でアジャイルな作業方法、Continuous Integrationの活用およびクラウドインフラの採用を強調しています。また、Rutten氏は、Rabobankの規制対応上の課題へのアプローチ方法がMX.3の導入によって「根本的に変化した」事実についても言及しています。ケーススタディを読む