Homepage
トレード・ワークフロー&プロセシング・オートメーション

トレード・ワークフロー&プロセシング・オートメーション

  • MXアセット・マネージャーは、ポートフォリオ・マネージャーが取引戦略モデル作成やリバランスをスムーズに行なえるよう、ユーザーがターゲット・エクスポージャーへの許容範囲レベルを定義できるツールを提供します。ターゲット・エクスポージャーは、ドルでもベーシス・ポイントでも、また株式の単一銘柄レベルでも任意のグループ・レベルでも管理することができます。ターゲットを確定したら、ポートフォリオ管理画面ですぐに必要なオーダーを生成し、ミューレックス・オーダー管理モジュールもしくは標準的なオーダー管理システム(OMS)のプラットホームへと送ることができます。

  • MXアセット・マネージャーのオーダー管理モジュールは、トレーディング・デスクもしくは外部のオーダー管理システムにオーダーを発注することができると同時に、約定価格の乖離枠を設定することができます。コンプライアンス・チェック(例えば、30%の株式、全てTier 1比率で、など)と他のファンドからの売買オーダー間の内部照合を行った後、オーダーは、トレーダーに提示され、処理されます。

  • 平均約定価格が示された約定済みおよびペンディングのオーダーに関する通知書が、リアルタイムで作成されます。新規トレードは自動的にポジションおよびリスク管理画面に組み入れられると同時に、ファンド全体における、ポジションとブローカーの手数料が適切な配分を行います。

  • またMXアセット・マネージャーは、市場もしくはプライム・ブローカーとの約定が認識された際に、自動取り込みするインターフェース・モジュールを備えています。トレード入力のメカニズムは、ミューレックスが開発したXMLベースのトレード表記言語MxMLに基づいています。ミューレックスは、FixML、FpMLをはじめとする主要なXML標準表記、他の標準言語へと受け渡しする機能を備えています。



Contact Us